入門!自宅で大往生
評価:
中村 伸一
中央公論新社
¥ 929
(2019-03-07)
コメント:ストレートな書名です。どうやって逝くかを考えるのは、どう生きるかに通じるのだといいます。この本、どんな方が手に取って読まれるのかしら??先日の新聞の投稿欄に「断捨離」嫌な言葉です。と75歳の方が書いておられました。そうですよね・・。
Amazonランキング: 83051位

JUGEMテーマ:読書の楽しみ

 

書名がストレート。

この本を書いた方は、実際 福井県名田庄村の診療所所長。自治医科大卒業後、

27歳でこの村に赴任して以来、在宅医療に携わり、様々な看取りをしてこられた方。

以前、NHKで彼をモデルにしたドラマが放送されたことも。

 

9年前にこの先生の本や講演会を聞いて、これからは、病院ではなく、以前のように

家族の中で自宅で亡くなることも、可能なんだと、いいか悪いかは、別として、選択肢として、

可能(再認識された)ことを喜んだものですが、

 

我が町高齢化率42%。今年、町立病院が、地域医療構想施策のもと、病床を半分に減らし、

急性期(混合病床)と地域包括ケア病床に再編され、私も、役場の地域包括支援センターから、

病院内に移設された在宅介護支援センターの副センター長と居宅支援事業所の管理者兼務で、

ヘルパーさんや訪問看護師と共に働き始めたこの4月。

町の地域医療は、今、ぐぐっとエンジンかかったところというべきでしょうか?

 

家逝きの極意(本より抜粋)

 覚悟と準備と人間関係(信頼関係)

 準備には、「私の心づもり)広島県地域保健対策協議会作成」などへ記録を。

 

20代で思いもがけず実母の癌で逝く姿を見て以来、祖母、姑、実父、

叔父の最期を見届け(通夜前日は、亡骸と一緒に寝ていました。)彼らの葬儀を上げ、

母方の叔母や叔父も幾人と亡くなり、仕事柄、亡くなる方々を見送ってきたせいか、

自分なりの心構えはあるつもりでいるのですが、

仕事をしていると、なにやら、

その心構え(覚悟)のない家族が多いのではないかと、

そして、70歳も過ぎれば、何かしら現実味を帯びてくると、

それは突然に重苦しいものになるのだろうと、

最近、考えています。

 

この本は、エンディングノートを書いておこうという 心根の強い方か、

もしくは在宅医療を志す研修医など学生さんが

読むといいのかもしれませんね。

 

人生100年、人生会議を家族ですることすら、まだまだ抵抗があるでしょう。

我が家の90歳の義父にそんなことをいうもんなら、

口を閉ざしてしまうに違いありません。

 

家で看取りか、入院か・・。

残された家族に迷惑をかけたくないと思えば、入院か。

独居高齢者が増える中、関わる者も、慎重に考えなくてはいけない事柄です。

 

スピリチュアルな精神が、生きている人のバックボーンにあればよかったのに、

日本は、宗教的教育を一切してこなかったし、

日常生活の中でも、ばあちゃんから孫へと

仏壇にものを供えるとか、あの世?の存在とかを意識する場面が少なくなり、

手を合わせ、目に見えないものへの感謝するといった心が、

今では、薄らいでしまっているような気がしてなりません。

 

それが、余計、逝くことへの恐怖心や不安感に繋がり、

この話をタブー化してしまっているように思われるのです。

 

神や仏様やさまざまな宗教はもちろんですが、

私たちに祖先(親や祖父母・・・)がいることだけは事実。

亡くなった人たちへの思い。

この命がこれから先へつながっていくだろうことの事実。

 

どう生きて、どう逝きたいか。

 

この先生のように、あっけらかんと 本にしてしまう

話題にしてしまえる力量ある方はそうそう居るものではありません。

 

一度、研修で同じグループでワークをさせていただき、

目の前にこの方が座っていた時の存在感は、

いまだに忘れられません。ほんと、ドクターって凄い。

| | 16:38 | comments(0) | - | pookmark |
北海道東川町にて

旭川空港上空。田畑が区画整理されて1枚、1枚が大きい!

 

 空港周辺のレンタカー置き場。

 

 

東川町のお洒落なカフェ。

山わさびおろしが乗ったハンバーグ。お肉の味が口いっぱい広がる。

滅多にハンバーグなんて食べないんだけど、

爆弾のようなこの真ん丸ハンバーグで、心、わしづかみ。

また、あんな美味しいハンバーグが食べられるだろうか??

 

カフェの店内とは思えない。

でも、みんなここで、ランチ。

 

東川町は、30年前から 写真の町として名高く、

当時の商工会青年部が、今でいうインスタ映えする工夫として、

各お店前に、木工で作った看板を掲げ始めたとのこと。

芸術の香り、むんむん。

・・すぐにお金に結びつかなくても、

人が集まってくる。 東川町の目の付け所は、すでに30年前から違っていた。

 

8000人ほどの町に、毎年移住者が増え、旭川から、「東川町へランチ行こう」というフレーズが

聞かれるというのは、もはや東川町自体がステイタスになっているかのよう。

 

 

 

続きを読む >>
| 風景 | 12:26 | comments(2) | - | pookmark |
ふるさと納税「マグロ」
評価:
ショップ: 鹿児島県枕崎市
コメント:私は、マグロの定期便(4回)をお願いしました。美味!

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 今頃になって、ふるさと納税に目覚める。

 仕組みがよくわからなかったのと、確定申告も面倒そうだし〜・・なんて。

 

 ところが、確定申告しなくても、納税した市町村から「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」を 送ってもらい、マイナンバーカードの写しを添えて、 送り返せば、ワンストップ申告(一応、5市町村までという決まりはありますが)で済むのです。

 納税なので、控除といいますか、納めた分は、まるまる翌年の所得税等から差し引かれるわけですから、手数料2000円かかっても、これはお得。 

 税金払っても、何にも戻ってこないのに、この制度を使うと、好きな品物が届くんですから、お得感、ありありですよね。

 

 早速、枕崎市へ納税(20,000円)したお礼にと、マグロのお刺身が4回送ってくるものをチョイス。先日、初品物が送られてきました。ニコニコ とろっと甘くて、美味。一本釣りのマグロが船の上で冷凍され・・こうやって送られてくるわけで。残りは、どんぶりにしていただく予定。生姜醤油もついていました。にくい配慮!

 

 このあと・・・他の市町村のウナギや米油の返礼品をチョイス。  カードで納税しちゃいました。^^

 

 

 

・・・夫の納税分も、何か頼もうかなあ。

                       

よくばっちゃあ いけないよ! かあ様! PCばっかりみてないで・・。

僕、ずっとここで待ってるんだからね。(後ろ足、揃えてお行儀よいこと 笑)

      

| 食べ物・お店 | 22:34 | comments(2) | - | pookmark |
その子の「普通」は普通じゃない
評価:
富井 真紀
ポプラ社
¥ 1,300
(2019-04-11)
コメント:生々しい告白とその経験を裏付けにした提言。相談支援を生業とする方々にも参考になる本かと。
Amazonランキング: 16054位

JUGEMテーマ:読書の楽しみ

 

本の帯に 湯浅 誠氏の言葉で、

「貧困の連鎖は断ち切れると実証している人生が、ここにある。

希望をありがとう。」とあり、多分、そこに惹かれて衝動買い。

 

 高齢者支援が今の業務ではあるけれど、元職 社会福祉士 は、生活に課題を抱えている人や家族が気になって仕方がない。

(気になっても支援に入るとは限らなくて、支援は押し付けであってはいけないので。)

 

 姑を介護するお嫁さんは、夫を亡くし、県外にいる精神障碍者の娘さんは入院中。

 お嫁さんは、県外から娘の子(孫)を引き取って、義母の介護と孫の親代わりをしているけれど、

就労してはしてはしていない。そんな人が居たりする。

 今や、片親は、子供のクラスの2割だったりする。

 職場でも、既婚者の半分が片親で子供を育てていた・・。

 

 その子の「普通」は、普通じゃない。

 

 そんなことさえ、理解できていなかった。正直、知らなかったというべき。

 

 わかっているつもりなんて、つもり・・・なだけ。

 

 この本の底辺に流れる「経験値」。当事者が語る言葉は強く、当事者の行動は、開拓者に近い。

 支援者にパワーがないと仕事にならない。

 この本は、強さと家族愛に満ちていました。

 私のパワー・・・

 さて、もうひと頑張り。

 

 

 

 

| | 22:11 | comments(2) | - | pookmark |
10連休の一コマ

 

 毎日、スマホのSNSで満足するようになり、PCをめっきり開かなくなりました。

 

 先ほど、TVでひろみ GO が、50歳まで右利きだったから、

これからの人生は左でもいいかなっと。そうやって体のバランス鍛えようかなって。

最初は苦労でも、そのうちにそれが普通になるんだよって。

 

 名をのこす?!秀でる人たちは、やっぱり尋常ない努力をしているんだな。

 感心しちゃいました。と、同時にミーハーな私は、「左利きにトライ!」してみよかな。

 

 食べ過ぎなくていいかもしれない・・!? 苦笑

 

 時は、5月の10連休。

 私は、異動に伴い、3日間仕事へでるはめに。

 それでも、多い休日に ムスメ夫婦が来て、ホタルイカを見てみたい・・と。

 時は、新月。日中も温かい風が吹き、ホタルイカが身投げ(沸く)には、

条件そろいの日でして・・。

 

 半世紀以上この町で暮らしていて、初めて、海にいるホタルイカを見た上に、

たもや手ですくうことが出来まして・・。

 婿さんのスマホ伝授により、ホタルイカの刺身を作るやら、

茹でイカは、ニンニク醤油(みりん入り)に漬け込み・・。

 かれこれ100匹以上を采配致しました。

 

 

6月3日ごろにも 沸くという噂ですが。

何分真夜中のことですので、日中は、寝不足でふらふら・・。

ホタルイカ相手に、日中の仕事をつぶすなんで、私にはできません!(笑)

 

いやあ、大きさにして、6cm 卵を沢山抱えて、ぷっくら大きな(写真は、生なので、

まだ、ぺたっとしていますが、ゆでると、ぽこ@ぽこに大きくなりました)

ホタルイカ。お店でもなかなかお目にかかれない上等なものでした。

 

・・・・たくさんの命に感謝・・・して、

 

左利きにトライをしてみようか。

 

 

 

そのあたりは、お任せします。

どーせ、続きはしないんだから・・。 こーたでした。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 

| 食べ物・お店 | 21:29 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

PROFILE

ヨークシャテリア・こーた

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

*

LINKS

SEARCH